債務整理とは

債務整理とは、借金整理とも言われる借金の金額を減らして金利負担から解放されるための法的な手続きです。その手続き内容の中には、幾つかの方法があり、自己破産、個人再生、任意整理、特定調停というものがあります。自己破産というのは債務整理とは別のものだと思われることも多いですが、あくまでも債務整理の一つの方法であると言えます。

現在ある借金の額やその内訳によって変わるのですが、減額したりすべて処分をしたり、年数を決めて返済していったりということができ、その内容によって名称や手続き方法が変わります。また、個人での訴えを受け入れてもらえる場合とそうではない場合があるので弁護士や司法書士に依頼をして手続きを行うこともあります。そして、その手続き方法によって受けられる資産の取り扱いも変わるものですから、ただ借金があって払えないから自己破産、というような単純な考えは避けるべきです。

借金が減らせるならばとても助かると考えて、すぐに債務整理を行うのは危険です。もちろん借金を減らすのですからそれなりに受けるペナルティも出てくるものですし、債務の額や収入によって受けるべき方法も変わってきます。そこで、きちんとそれぞれの種類と違い、自分に合ったものを選ぶ方法、リスクといったこともきちんと理解しておく必要があります。そこで、ここでは債務整理の必要な場面とそのメリットデメリット、手続きの方法といった債務整理を検討する人が知っておきたい情報を紹介していきます。