債務整理が必要な場面

様々な理由でできた借金の返済に困っている場合、元の生活に戻るための有効な手段として債務整理に注目が集まっています。債務整理には、任意再生、特定調整、個人再生、自己破産という種類があり、借金が残りいくらであるのか、そして収入とのバランスを見て今後返済が可能であるのか、そしてどれくらいなら返済が可能かという現実的なシミュレーションをきちんと行うことが重要です。

また、債務整理の種類によっては保証人が借金を負担することもありますから、債務整理の種類を選ぶ際には保証人への負担を考える必要もあります。そのような場合には任意整理や特定調停というものを選べば返済は終わりませんが、返済額の減額ができてなおかつ保証人への迷惑がかかりません。

債務整理を行うことを決めた場合、すべて自分で行う人もいますが税理士や弁護士に相談して借金返済の手続きを行うのが一般的です。もちろん、依頼することで費用は発生するのですが煩雑な手続きや書類作成をすべて行ってもらうことができますし、金融会社とのやりとりもすべて行ってもらうことができるというメリットがあります。その際、依頼すると報酬を支払いますが報酬の支払い方法や金額は事務所によって異なりますのでまずは無料相談に足を運んで詳細の確認をすることが重要です。

 

メリットとデメリット

債務整理をすることでの一番のメリットはやはり借金が減ることで返済が楽になったり借金の無い生活が送れるようになることです。借金の減る額というのは債務整理の方法によって異なります。

自己破産であれば借金はゼロになりますが、その代わり一定金額以上の財産を処分する必要がありますし、ブラックリストに載るのでクレジットカードができなかったり新しい借金ができなかったりという一定期間の制約も加わります。持ち家のような価値のある資産は処分されることもありますし、仕事に就けなくなるようなケースもありますから、目先の借金がなくなることだけに目を向けるのではなくきちんとそのデメリットにも目を向ける必要があります。

また、他の債務整理の方法を選んでも債務整理をした金融機関からはお金が借りられなくなることもあります。借金をして、その支払いができなくなったことで支払い額が減ったり免除された、という認識は間違いです。

自分で支払いきれなくなった原因をきちんと考えて、これからは悔い改め二度と借金をしない、収入の範囲内で生活をする、という立て直しをすることもとても重要なことです。債務整理は生活をリスタートするためにはとても有効な手段ですが、同じことを繰り返さないための反省と次回への現実的なシミュレーションを行い生活を悔い改めることが必要です。